婿に抱かれた義母 島津かおる

18SPRD1177 婿に抱かれた義母 島津かおる

娘が結婚し婿養子を迎え、順風満帆だと思われたタイミングで夫が亡くなり、かおるは島津家を守るべく頑張ってきた。しかし、大黒柱である筈の婿がどうも頼りなく、かおるのストレスは増すばかりだった。休日、娘は買い物に出掛けたが、婿はゲーム三昧。かおるはそんな婿の怠惰な姿に、カミナリを落とした。婿はというと、休日のひと時を邪魔され、しかも妻との夜も暫く無し、稼いできているのは自分なのにと怒りに震えていた。かおるは婿に言いたいことを言うと掃除をしに戻った。背後に気配を感じると婿が立っており、突然襲いかかっていた。婿は乱暴にかおるを揉みしだき、服を剥いでいった。抵抗するも婿の力には勝てず、なすがままに犯されてゆく。強引にクンニされ、硬くなった肉棒を咥えさせられ、中を激しくかき回されてしまった。婿が発射し、その場を立ち去るが、かおるは暫くその場でプルプルと震えていた。その夜、かおるは思いつめた表情でリビングに座っていた。婿が申し訳なさそうにかおるの前に現れ、謝りの言葉を言った。その言葉を遮るように婿へ抱きつくと、甘えるようにキスをした。そう、昼間婿に襲われた際、かおるは何度も絶頂を味わっていた。頼りないと思っていた婿に何度もイカされ、硬く熱い肉棒で何度も膣壁を削られた。かおるが震えていたのは婿の肉棒の感触を反芻していたからであった。かおるは硬くなりつつあった婿の肉棒を取り出すと愛おしそうに眺め、跪くとベロを出しゆっくりと舐め始めたのであった…。

婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる
婿に抱かれた義母 島津かおる

点击 按钮,磁力链接将自动复制到剪贴板。